仕事の効率を上げられるオフィスレイアウトの特徴を紹介します

昨今、働く環境の大切さが強調されています。ですが、実際に調査してみると、勤務先の仕事環境に満足していない方が非常に多く見受けられます。これは、働き方を工夫するだけではなく、オフィスレイアウトとも関係があるようです。「もう少し、プライバシーがある環境だとよいのに」とか、「気軽に打ち合わせするスペースがあったらいいのに」など、オフィス環境に対する不満の種類は様々です。そのような不満を抱いたままですと、どんなに能力のある方でも、仕事の能率ややる気が落ちてしまい、職場の雰囲気も暗くなってしまうものです。では、仕事の効率を上げられるオフィスレイアウトを実現したい場合、どんなことに気を付けると達成できるのでしょうか?いくつかポイントを挙げて考えてみます。

効率を上げられるオフィスレイアウトは調査がカギ

オフィスレイアウトのお手本はたくさんあります。オフィスレイアウトの担当になられた方は、様々な施工事例を見ることで、イメージができると思われます。ですが、その前にやらなければならないことがあります。それは、十分な調査です。オフィスには様々な人、様々な職種、部署の方が働いています。そのため、できるだけ多くの方にヒアリングをして、どうすれば働きやすいオフィスを実現できるかのイメージを持つことが大切です。それらの調査をもとに、基本方針、つまり、コンセプトを決めます。コンセプトを決めることができれば、たとえば、オフィスの備品など、どんなものが良いか迷った時でも、基本に戻ってぶれずに決定することができるでしょう。オフィスの形という正解は、オフィスの数だけあるのです。

機能性とセキュリティを意識したゾーニングや動線、配置

仕事の効率を上げるオフィスレイアウトは、働く方々が心地よいと感じられ、かつ、仕事に集中できる環境を提供できるものです。さらに、最近は、情報漏えいなどのセキュリティーにも配慮を払わなければならず、各個人が仕事以外に気を遣わなければならないケースが増えてきています。そういった実情を踏まえて、来客ゾーン、従業員のみが入れるゾーン、共有ゾーンなど、明確にゾーニングし、また連携することが多い部署を近くに配置することで、情報漏えいのリスクを軽減することができます。さらに、人の動きがスムーズにいく動線を考えることも大切です。動線の無駄は、働く人をイライラさせる原因となるからです。さらに、机の配置も、昔からある島型にとらわれず、職種や仕事の実情に合った配置にするならば、より効率的なオフィスになるはずです。