オフィスレイアウトを作成する方法や手順などを解説します

オフィスレイアウトは、空いたスペースに机や椅子を置けばよいと言うものではありません。最近は、働く人にとっては、より業績や結果を求められる厳しい環境ですので、仕事がやりやすく、居住空間として居心地が良いオフィスレイアウトとすることが求められています。そうはいっても、レイアウト変更は、頻繁にやることではないのも事実です。そのため、オフィスレイアウトを作成するとなると、どのような手順を踏めばよいのか、どうすれば、より良いオフィスレイアウトになるのかと、やることの多さに途方に暮れる担当者も多いことでしょう。こちらでは、オフィスレイアウトの作成を始めるにあたって、やっておくべき大切なことや、どのようなことから考えたらよいのかと言う点を考えます。

まずはヒアリングとコンセプトの決定

オフィスレイアウトを作成する場合、おしゃれなオフィスや斬新なオフィスの写真などを見ると、魅力を感じるかもしれません。ですが、まずは、ご自分のオフィスにとって、どんなことを改善したほうが良いのか、オフィスで働く方々に広くヒアリングすることが大切です。目指すべきなのは、長時間オフィスにいても、快適に過ごせて、安全な場所であることです。その点で、相反する不満が現状のオフィスにあるなら、それを次のオフィスレイアウトに反映させ、より快適な過ごせる場所となるようにする必要があります。それらのヒアリングから、基本方針、つまり、コンセプトを決定します。コンセプトがはっきりしていると、オフィスレイアウトの細部を決める際に迷っても、基本に立ち返って、正しい方向性を持って決定することができます。

次にゾーニングやその他の部分を考える

コンセプトが決定したら、オフィス全体をどのように割り振るかのゾーニングを行います。基本的には、来客が入れるゾーン、従業員のみが入れるゾーン、両者が入れるミックスゾーンを決めます。そのゾーンを決める段階で、各部署の配置を考えます。たとえば、来客が多い部署であれば、応接室などの来客ゾーンに近い方が効率的でしょう。また、連携することが多い部署が隣接するように配置すると、無駄な動きが発生することが軽減されます。さらに、適切な動線や通路幅を確保します。その際、人の往来が多くなりすぎる場所を作らないようにしたり、通常の作業や災害のことを考えて、余裕を持った通路幅にするようにします。さらに、執務エリアは、各部署の作業内容などに沿った机の配置をする等、工夫することで、より集中しやすいオフィス環境を作ることができます。