オフィスレイアウトがなぜ重要なのかを解説します

「お客様は神様です。」という言葉にも表れているように、企業はお客様の方を向いており、それに伴って、今まではオフィスのつくりも、顧客を中心としたものが多かったことでしょう。また、オフィスレイアウトの変更と言うと、人数に合わせて、机を移動したり、書類棚を増減させたりと言ったものをイメージされると思います。ですが、最近は、従業員の立場に立って考えたオフィスレイアウトの重要性が語られるようになりました。おしゃれなオフィスが登場したり、有名なデザイナーにデザインしてもらったりするものも出てきています。では、オフィスレイアウトはそれほど重要な問題なのでしょうか?オフィスレイアウトはどんな点に影響を与えるのでしょうか?それらの点を考えることによって、オフィスレイアウトを効果的なものにすることができます。

オフィスレイアウトを従業員満足度重視で行うメリット

最近のオフィスレイアウトは、従業員満足度に比重を置いて考えることが多くなってきています。部署の配置や、書類棚の割り当て変更、パーテーションの使用などで、以前より社員一人あたりのスペースを多めにとるよう工夫したり、コミュニケーションをとることが多い部署を近くに配置しているケースも見られます。そのようなオフィスレイアウト変更で、どんなメリットが生じているのでしょうか?たとえば、パーソナルスペースの拡大によって、ストレスなく、作業に集中しやすい環境となったため、業務効率が上がり、無駄な残業が発生しにくい状況を生み出しています。また、無駄な移動時間が減る効果もあります。さらに、リフレッシュルームの設置などにより、リラックス効果も生まれますし、他部署の方とのコミュニケーションにより、新たなビジネスの可能性が広がっています。

オフィスレイアウトの効果は意外なところにも拡大する

最近は、従業員満足度を重視したオフィスレイアウトにシフトしていますが、それは意外な方向に波及効果があります。パーソナルスペースを確保するためには、無駄なスペースを減らしたり、共有化できる備品や機器を共有スペースに集約することなどが必要になります。そのことで、コストカットとともに、機器のメンテナンスを削減する効果があります。企業を訪ねる顧客に向けても、効果があります。従業員が満足して、喜んで働く姿を見ると、その企業と取引したいと強く願うことでしょう。つまり、優良顧客との取引に発展します。また、特に、インターネットなどで企業イメージについて語られることが多い昨今、従業員満足度は、企業イメージの向上につながります。そのため、優秀な人材の確保に影響があると言えます。