オフィスレイアウトとはどんなことなのかを説明します

オフィスレイアウトとはどのような事なのでしょうか。オフィスレイアウトを一言で言えば、業種ごとにオフィスが使いやすいように机の配置などを工夫することを言います。これによって、オフィスが活性化して、仕事の効率が良くなります。無駄な残業時間も減り、収益を上げることにつながるのです。たかがオフィスのレイアウトで何が変わるのかと思われるかもしれませんが、実際にレイアウトを変えたおかげで、赤字だった会社が黒字になった例は枚挙にいとまがありません。つまりそれほどオフィスレイアウトは重要だと言うことになります。では、オフィスレイアウトをする場合には、どのような事が重要になるでしょうか。それぞれの業種に合わせてどのようなレイアウトを組む必要があるのでしょうか。

事務系のレイアウトは島式が相場

オフィスの中で一番多い形は事務系のレイアウトではないでしょうか。オフィスレイアウトの中でも圧倒的に目にする形になります。机同士が向かい合っており、縦に4列ぐらいが基本になります。このようにレイアウトを仕掛けることで、事務書類を受け渡すときにはとても役立ちます。効率的に渡すことができるようになるのです。事務式ではないところでも、このタイプのレイアウトを採用しているところがありますが、それはおそらくスペースの問題ではないでしょうか。スペースが余りないオフィスの場合には、机をひとつずつバラバラにして配置をするよりも、島式のレイアウトにした方が場所の無駄が無くなるのです。これによって仕事場を広く使うことができるという一面もあるのです。ただ、欠点は人口密度が高いことです。

教室式のレイアウトや個別に仕切ってあるレイアウトもある

レイアウトには、個別に仕切っているレイアウトがあります。個別に仕切ることで、集中して取り組むことができるようになります。例えば、住宅の設計図を作るような作業がこれに当たります。設計図を作るときには一箇所で一人集中をして行うことで、良いアイディアが浮かぶこともあります。他の人とのコミュニケーションは必要かもしれませんが、事務職などのように頻繁に書類を渡したりする必要がない仕事場では、非常に重要なレイアウトになるのです。もう一つは、学校の教室のように、皆が同じ方向を向いているレイアウトになります。これはテレアポをする時に役立つレイアウトです。わざわざ向き合う必要もありませんし、何かあれば手を挙げて正面にいる上司などに伝えることもできるのです。このように、レイアウトを工夫することで、仕事を効率的に、そして正確にこなすことができます。

働きやすい環境を作り、過ごしやすいオフィスデザインを提案し、新しいオフィススタイルを提供する企業です。 会社内のコミュニケーションに自然と繋がり連帯感を生みだします。 共に働く仲間達と士気を高め、連帯感を共有するオフィスへ! コーポレートカラーやイメージをお聞かせください、企業の個性を引き出し魅力を高めます。 働くだけじゃない、来客者への配慮を兼ねたスペースを計画します。 オフィスレイアウトで理想のオフィスへ